夜勤時のメンバーって重要!(苦手なメンバーと夜勤だと胃が痛い・・・)


私は月に10回ほど夜勤の仕事をしています。
シフトが配られてまず私が行うのは、メンバーの確認です。
これは、私にとって一番大切な事なんですよね。

 

というのも、私の職場は2交代制なので、夜勤の時間が16時間と長いんですが、一緒に働いている看護師の中には、苦手な方がいるからなんです。
夜勤って、日勤に比べると人数が少なくなるし、連携が取れていないと仕事がスムーズに進まないんですよね。
私が苦手だと思っているスタッフというのは、ナースコールに出てくれない、ダラダラしている、
何かあっても知らないふりをしているって感じなんです。
私ひとりですべて対応しなくてはいけないから、イライラするんですよね。
そんな状態が16時間も続くんですよ、もう最悪です。

 

そんなメンバーと夜勤をする時は、時間がすっごく長く感じるんですよね。
たいして業務が忙しくなかった時でも、夜勤明けはグッタリしてしまいます。
気の合うスタッフと一緒の夜勤の時は、楽しくて仕事もスムーズに進んで、楽しく仕事ができるんですよね。

 

人それぞれいろいろあるので、そんな事ばかり言ってたらいけないな、とは思うんですけど、
でもやっぱり苦手なメンバーと夜勤の時には、胃が痛くなる思いなんですよね。
遊んでるわけじゃないから、楽しく仕事ができる事ばかり求めててもダメだとは思うんですけどね。
ただ言いたいのは、力を合わせて気持ち良く仕事をしたいという事なんですよね。

 

給料も高いし魅力がある働き方なんですけど、職場によっては人間関係をチェックする必要がありますよね。
人間関係に問題がある職場の夜勤は、かなりストレスが溜まって大変だと思いますよ。
同じ仕事をするなら、楽しく働きたいですよね。

仕事中の苦労談!「最近職場でこんな大変な事がありました!」について

特養は待機待ちで、なかなか入所出来ないってよく聞きますよね。
しかし、老健は逆に入所者探しに苦労しています(´・Д・)」

 

だから、利用者さんを選べない…(?_?;)

 

最近入所する方は、他の施設で断られたような方ばかりなんです(;´Д`A

 

施設で介護するにあたり、大変さって、病気の重症度ではないんですよね。

 

一番介護困難なのが、歩くことができる認知症の方なんです(´・Д・)」

 

疾患がいくら重症でも、ドクターがいて、ナースがたくさんいる施設ですからいくらでも対応できます。

 

しかし、活発な認知症の利用者さんには、本当に手こずりますね(;´Д`A

 

そんな利用者さんが4名入所してきたんです。

 

うちの老健は三階建てで、二階と三階が入所スペースとなっています。

 

手のかかりそうな利用者さんは、極力二階三階に平均して入所になるよう配慮しているのですが、二階フロアに4名の歩く認知症の方が入所してきたのです( ;´Д`)

 

認知症の方によくある徘徊。

 

これが、毎晩毎晩4名の利用者さんによって行われているのですΣ(゚д゚lll)

 

叫び、暴れ、徘徊。
それが同時に4名…。

 

夜勤者は、二階に看護師一名、介護士二名、三階に介護士三名で、100人の利用者さんの対応をしています。

 

しかし、二階に4名も手のかかる利用者さんがいるから大変な事態なんですよ…。

 

施設は、転倒しないよう歩く利用者さんには付き添わなければなりません。

 

よほど歩行の安定している利用者さんはフリーですが、叫んだり暴れたりする方は、さすがにフリーには出来ませんよね(;´Д`A

 

毎晩徘徊に付き添い、何往復も歩き、一人が寝れば他の人が起きて、その人が寝れば他の人が起きて…それを朝までエンドレス。

 

仮眠なんて入れたもんじゃありません( ;´Д`)

 

いつになったら平和な夜勤がやってくるんだろう(。-_-。)

 

夜勤のたびに、みんなでため息をついていますよ。

ドクターよりも薬剤師の方が薬の知識があるのに、指摘されると機嫌悪くなるタカビーなドクター・・・

医療従事者の中には、それぞれに専門性をもった職種の方々が働いていますね(´・Д・)」

 

様々なスペシャリストが、それぞれの専門性を活用し、他職種間の連携を取りながら、治療にあたっているわけです(^O^)

 

ドクターは、治療に関するスペシャリストですし、看護師は看護のスペシャリスト。

 

そして、薬剤師は、薬に関するスペシャリストです。

 

もちろんドクターも、薬に関する知識は豊富にもっています。
しかし、次から次へと新薬が出てきますから、ドクターが全て把握するのは難しいことですね( ;´Д`)

 

薬には、相互作用で効果が増大したり減少したりといったこともありますし、疾患によっては内服出来ない薬もあります。

 

薬の効果というのは一つだけではないですし、薬を処方するというのは簡単なことではないんですよね。

 

そういった知識の豊富な薬剤師の意見は貴重になりますね(*^^*)

 

絶妙なバランスの処方を考えてくれますよね。

 

ドクターも、処方に悩んだ時は薬剤師に相談しますし、薬剤師も処方に対し積極的にアドバイスをしているという関係が一番望ましいですよね(^o^)

 

しかし、中にはせっかく薬剤師がアドバイスをしてくれても、受け入れないドクターもいますよね( ̄Д ̄)ノ

 

うちの病棟のドクターは、いつも不機嫌になるんですよ。

 

いつも、自分が一番えらそうな顔して、感じが悪いんですよね。

 

だって、あなたが知らないから教えてくれるんじゃないですか?ε-(´∀`; )

 

言われたくないなら、しっかり自分で勉強して処方して欲しいですよね。

 

まぁ、患者の立場だったら、そんなタカビーなドクターより、堅実的なドクターを選びますよね;^_^A

 

お互いの専門性を尊重し合いながら、一人一人の患者さんにベストな医療を提供することが一番ですよね(*^o^*)